”辻元よしふみの世界”からあなたは帰れなくなるかもしれません。

ハンニバルの橋

毎朝 目が覚めると
僕の家の便所の窓から
東京都葛西の町並みを見る
葛西に向かうこの橋はいつもいつも
大型ダンプカーやトラックがぎしぎし車軸を
軋ませながら走りすぎる
それを黙然と支えて
つまらなそうに立っている

じつにつまらなそうに

橋がある 異世界から
何かがやってくる あるいは
そちらに行ける

カエサルがむかし この橋を渡ったことを人は
知るまい
あるいはスキピオ・アフリカヌスが
軍勢を率いてここを渡っていったのを
そうそう
ハンニバルの軍は象を引き連れ
ヌミディアの騎兵 ガリアの傭兵を従えて
決死の道をたどって行った
かなたのアルプスは
よく見えないが

とぼとぼと歩む現代人の群れ よ
僕ら よ
行くところがないなあ 本当に
行くところがないじゃないか
やることがないなあ
やることがないじゃないか
起こるとしたら悪いことだけ
悪いことだけ


僕は、こうして行を飛ばす
面倒くさいから
熱心に
読んでくれる人を
裏切る

なにもかにもから逃げ出したい
子供のように

こんなものを書いていて何の意味があるのか
何の意味があるのか
意味があるのか
あるのか
のか


ないのか

ないよね

ふふん
この橋が
僕の家の前から
直として葛西に向かっているならん
いいや違うとも
カエサルがむかし この橋を渡ったことを人は
知るまい
あるいはスキピオ・アフリカヌスが
軍勢を率いてここを渡っていったのを
そうそう
ハンニバルの軍は象を引き連れ
ヌミディアの騎兵 ガリアの傭兵を従えて
決死の道をたどって行った 本当だとも
この目で見たさ
信じておくれ

かなたのアルプスは
スモッグにかすんで
よく見えない。

トップページ
経歴
お取引先
刊行物
イラストギャラリー
新聞・雑誌書評
ライブビデオ
ライブ予告
近作詩集
近作エッセイ集
リンク集
不定期日記
© Tujimoto.jp All right reserved.