”辻元よしふみの世界”からあなたは帰れなくなるかもしれません。

哀しみのダイエット・モード

躊躇なく私を褒めてくれ
あるいはけなすのでなければ
忘れちまってくれ くれ くれ
なんにもなかった てなこと それで結構
本望だ
はん

そぎ落としていこうと思うんだ さいきんさ
よけいなこと どれもこれも
よけいなことばかり
どうでもいいこと こと こと
それに
よけいなひと ひと ひと
つまらないこと に ひと あと思い出とか

ええ さよなら そんな思い出とか

誰でも彼でも彼女でも もうちょっと もうちょっと
なんですよ たいていの
場合 
さ 私なんかも

思いませんこと?
なんで自分はここでこういう人生を?

体重を今年はずいぶん落とさなくてはいけないと
近藤先生から申し渡されている
近藤先生ていうのは会社の診療所の所長さんで医者で
慶応の医学部を出ておられる
医者の言いつけは守らなきゃ ねえ
レントゲン技師はさんざん冷たい機械を
私の太鼓腹に押しつけて蔑む これじゃあもてませんよあなた

ダイエット・モードなんだよ 今年の私はね
飲み物も食い物もダイエット
人間関係も こうして吐き出す
ことばだって みんな
カット 一律にカット 改革なくして減量なし

もう心なんか動かないぞ
今日はバグダッドで何人死んだとか
将来もらえる年金はいくらだとか

幻滅は私らのとぼとぼ歩みの友
この世の果てのラインを踏み越えるまで
伴走してくれるのはお前だけ よけいなことに


はん
思ってるでしょあなたも?

なんで自分はここでこういう人生を?


トップページ
経歴
お取引先
刊行物
イラストギャラリー
新聞・雑誌書評
ライブビデオ
ライブ予告
近作詩集
近作エッセイ集
リンク集
不定期日記
© Tujimoto.jp All right reserved.