”辻元よしふみの世界”からあなたは帰れなくなるかもしれません。

それにしても海、か

僕らが目の前に あるというのは
あれは 海

どこかへとつながる海は
もうどこにも永遠はないけれど
それにしても海

驚きを持ったこどものころのいろいろの
うみのうろくずの 
泳ぐ気になどならないさ
僕は二十五メートルしか泳げない

たくさんの船が沈んでいる
古代フェニキアの商船が ローマのガレーが 奴隷船が 連合艦隊が 高校の実習船が

船上でも 踊りも見せ物もセックスもある ボーイの制服は洗い立てのお仕着せ

なにもかものみこんでしおからい海
は 油でもミサイルでも 僕らの街を支える
なんでもかんでも浮かべて
寄せては返す 波音がうるさい
耳をふさぎ 永遠はいらない
あれは 海

そんなものか

トップページ
経歴
お取引先
刊行物
イラストギャラリー
新聞・雑誌書評
ライブビデオ
ライブ予告
近作詩集
近作エッセイ集
リンク集
不定期日記
© Tujimoto.jp All right reserved.